Design Simulation and Device Models

リニアテクノロジーは高性能なスイッチング・レギュレータやアンプ、データ・コンバータ、フィルターなどを使用した回路を、初めての設計者でも短時間に容易に評価できるように種々のカスタムデザイン・シミュレーション・ツールを提供しています。

LTspice 

LTspice XVII

LTspice XVIIは、マルチモニタ対応で、最新のグラフィック・ライブラリを搭載するなどLTspice IVを再構築しました。XVIIにはその他、以下の新しい機能が追加されています。:

  • 64ビットに対応。
  • 文字フォントはUNICODEに対応。回路図等日本語での記載が可能になりました。
  • IGBT、ダイオードのソフトリカバリ、ステート・マシンなど新たに改良したモデル方程式を追加。
  • GUIを改良:ほぼすべてのSPICE構文コマンド用エディタを付加。

LTspice XVIIは、Windows 7、8、または10の32ビット版または64ビット版対応です。Windows XPには対応していません。リニアテクノロジー社のサポート方針に基づき、引き続きWindows XPユーザーに向けてLTspice IVの提供は続けます。

 
LTspice の ツイッターをフォロー  Twitter Feed
LTspice関連の解説ビデオを見る

LTspice IV

LTspice IVは高性能なSpice IIIシミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、スイッチング・レギュレータのシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。 Spiceの改善により、スイッチング・レギュレータのシミュレーションは、通常のSpiceシミュレータ使用時に比べて著しく高速化され、ほとんどのスイッチング・レギュレータにおいて波形表示をほんの数分で行なうことができます。Spiceとリニアテクノロジーのスイッチング・レギュレータの80%に対応するMacro Model、200を超えるオペアンプ用モデルならびに抵抗、トランジスタ、MOSFETモデルをここからダウンロードできます。

 
LTspiceのツイッターをフォロー  Twitter Feed
LTspiceに関するビデオを見る

 

LTpowerCAD

LTpowerCAD II

LTpowerCAD II設計ツールは、リニアテクノロジーのμModuleレギュレータやモノリシック降圧レギュレータなどの多くの製品を使用した電源設計作業を大幅に簡素化する電源設計ツールです。従来のシミュレーション・ツールと異なり、このツールは電源設計のプロセス全体にわたりユーザを支援します。ユーザの電源仕様を基に最適なLTCデバイスを探し、回路部品の値を選択し最適化できるように提案や警告を行います。このツールは、帰還ループのボード線図ならびに電力段の性能に関する結果をリアルタイムで表示します。生成されたデザインはLTSpiceシミュレーション回路にエクスポート可能なので、さらに検証を進めることができます。また、このツールはPCBレイアウトの例も提供します。現在、この設計ツールはWindowsマシン上でExcel 2000、2003、2007、2010および2013をサポートしています。インターネット接続により、プログラムやその部品ライブラリをリアルタイムで更新できます。疑問点やサポートについては、LTpowerCAD@linear.com (英語で)までお問い合わせください。

LTpowerCADに関するビデオを見る

 

LTpowerPlay

LTpowerPlay

LTpowerPlayは、LTC2978(PMBus準拠のオクタル電源モニタおよびコントローラ)などのリニアテクノロジーのEEPROM付きデジタル・パワーICをサポートする強力なWindowsベースの開発環境です。このソフトウェアにより、さまざまな作業が簡素化されます。LTpowerPlayを使用すれば、リニアテクノロジーのデバイスをデモボード・システムに接続することによりデバイスの評価が可能です。また、LTpowerPlayを(ハードウェアが存在しない状態で)オフライン・モードで使用して、保存しておいて後で再ロードが可能なマルチチップ構成ファイルを作成することもできます。LTpowerPlayは他に類のない診断機能とデバッグ機能を備えており、システムの電源管理方式をプログラムおよび調整したり、レール立ち上げ時の電源の問題を診断するための、ボード立ち上げ時の貴重な診断ツールとして機能します。LTpowerPlayはDC1427A (USB-to-SMBusコントローラ)を使用して、DC1540デモボード・セット、DC1508ソケット付きプログラミング・ボード、または顧客のターゲット・システムなど、考えられる多数のターゲットの1つと通信します。このソフトウェアは自動更新機能も備えているので、常に最新のデバイス・ドライバとドキュメントに対応可能です。

手順1:LTpowerPlayをダウンロードおよびインストールします 手順2:LTpowerPlayのライセンスを要求します
  • LTpowerPlayを初めて起動すると、ライセンスを要求するよう促されます
  • 「Request a License Key...」をクリックします
  • 必要な情報を入力します
  • 「Send License Request」をクリックします
手順3:LTpowerPlayのライセンス・ファイルをインストールします
  • ライセンス・ファイルとファイルのインストール手順を記載したEメールが届きます
LTpowerPlayに関するビデオを見る

 

Linduino

Linduino

Linduino is Linear Technology’s Arduino compatible system for developing and distributing firmware libraries and example code for Linear Technology’s integrated circuits. The code is designed to be highly portable to other microcontroller platforms, and is written in C using as few processor specific functions as possible. The code libraries can be downloaded by clicking the Downloads tab above and used as-is in your project or individual code snippets may be viewed in the Code section of a supported part. The Linduino One board (Demonstration Circuit DC2026) allows you to test out the code directly, using the standard demo board for the particular IC.

The Linduino One board is compatible with the Arduino Uno, using the Atmel ATMEGA328 processor. This board features a 14-pin “QuikEval” connector that can be plugged into nearly 100 daughter boards for various Linear Technology parts, including Analog to Digital converters, Digital to Analog Converters, high-voltage power monitors, temperature measurement devices, RF synthesizers, battery stack monitors, and more.

An LTM2884 USB Isolator breaks the ground connection to the PC, allowing projects to operate at a different ground potential than the computer that is controlling it.

 

View Linduino Videos

 

LinearLab Tools

LinearLab Tools

LinearLabTools is a collection of Matlab and Python programs that provide direct access to Linear Technology’s data converter evaluation boards.

An evaluation board for a data converter will typically plug into an accompanying controller board, which is then connected to a host computer running a Linear supplied GUI program such as PScope for Analog-to-Digital converters or LTDACgen for Digital-to-Analog converters. The GUI allows basic performance measurements to be made, but it is not designed to run arbitrary sequences of tests or communicate with other hardware, as is often required by customers when evaluating a part for their own application. LinearLabTools allows customers to control Linear’s data converter demo boards as they would any other piece of test equipment, using their own software.

There’s more…

The LinearLabTools package also contains various application examples, simulations, and educational programs that demonstrate mixed signal concepts.

 

 

Timing Design and Simulation

PLLWizard

リニアテクノロジーのPLLWizardは、LTC6945/LTC6946 シンセサイザとの通信に使用します。 DC590コントローラを使用して、USBとSPI互換のシリアル通信フォーマット間の変換を行います。

PLLWizard は、高度なPLL設計機能とシミュレーション機能を備え、以下の目的に使用できます。

  • 周波数プランに基づきデバイスのパラメータを推奨
  • ノイズを最適化したループ・フィルタの設計
  • ループの周波数応答と安定性のシミュレーション
  • VCOとリファレンス・ソースのノイズのシミュレーション
  • 出力のノイズ特性と統計のシミュレーション

DC590 コントローラ・ボードと一緒にご利用ください。

すべてのインストール手順を表示するには、ここをクリック

QuikEvalのダウンロードとインストール

Windows 7、Windows Vista、Windows XPまたはWindows Server 2003(.NET 2.0以上を搭載)の場合

  • PLLWizardSetup.exeをダウンロード(3.6MB)(.NET 2.0インストーラなし)

Windows XP 2003(.NET 2.0搭載なし)またはWindows Server 2003(.NET 2.0搭載なし)の場合

FracNWizard

Linear Technology FracNWizard is used to communicate with the LTC6947 and LTC6948 synthesizers. It uses the DC590 controller to translate between USB and SPI-compatible serial communications formats. It also includes advanced PLL design and simulation capabilities. You may use it to:

  • Recommend part parameters based on your frequency plan
  • Design noise-optimized loop filters
  • Simulate loop frequency response and stability
  • Simulate VCO and Reference source noise
  • Simulate output noise characterisics and statistics
  • Import and export VCO, reference and output noise data

For use with the DC590 Controller board.

Click here to view the complete installation instructions

Download and Install QuikEval

For Windows 7, Windows Vista, and Windows XP or Windows Server 2003 with at least .NET 3.5 SP1

ClockWizard

ClockWizard builds on PLLWizard and simplifies the evaluation process of the LTC6950. Besides the ability to design the loop filter components and predict the resulting phase noise and jitter performance, ClockWizard introduces a scope plot which shows the LTC6950 outputs in the time domain and illustrates the phase relationships between the outputs based on their respective EZSync settings.  It also controls the LTC6950 demoboard via the DC590 or DC2026.  Furthermore, you may it use to:

  • Show PLL frequency response and stability
  • Simulate output phase noise and jitter
  • Simulate output clock phase relationships based on EZSync settings
  • Read and write all device registers
  • Import and export VCO, reference and output noise data

For use with the DC590 or DC2026 Controller board.

Click here to view the complete installation instructions

Download and Install ClockWizard

For Windows 7, Windows Vista, and Windows XP or Windows Server 2003 with at least .NET 3.5 SP1

OscCalc

シリコンベースの発振器は1kHz~170MHzの周波数で動作するソリッドステート・クロックです。リニアテクノロジーのシリコン発振器はいずれも、ピン・ストラッピング、抵抗の接続、またはシリアル・インタフェース(SPIまたはI2C)によって周波数を設定できます。

OscCalc は、ユーザのアプリケーションに適したシリコン発振器を短時間で容易に選択するためのExcelベースのツールです。いくつかの設計要件を入力するだけで、ユーザのデザインを設定し実行するのに必要なデバイス、外付け部品、プログラミングの設定がこのツールによって推奨されます。

TimerBlox Designer

TimerBloxデバイスは、電圧制御発振(VCO)、低周波数クロック発生、パルス幅変調(PWM)、ワンショット・パルス発生、信号遅延という5つの基本的な動作を行うために設計された、シンプルで小型かつ高精度のタイミング・デバイスです。

設計プロセスを加速し簡素化するため、Excelベースの選択および合成ツールであるTimerBlox Designerを使用することにより、ご使用のアプリケーションに最も適したTimerBloxデバイスを選択、設定することができます。

 

 

High Speed DAC Evaluation

LTDACGen

The LTDACGen System is designed to demonstrate and support the evaluation of Linear Technology high speed, high performance DACs. The easy-to-use LTDACGen graphical user interface (GUI) enables generation of single and multi-tone data, as well as single- and multi-carrier spread-spectrum signals quickly and conveniently. Data can be previewed and manipulated in both the time and frequency domains. Data can also be exported and imported using straightforward text-based files allowing arbitrary patterns to be sent to the demo-system with a few simple mouse clicks.

The software package also provides an automatic update feature to keep the program current with the latest set of features and fixes.

Data Converter Evaluation Software

PScope (QuikEval II)

The PScope™は、リニアテクノロジーの高性能ADCと使用するために設計されたUSBベースの製品デモおよびデータ収集システムです。このシステムには USBベースのデータ収集コントローラ・ボードが搭載され、リニアテクノロジーの個々のADCに対応する個々のドーターカードに接続されます。こソフトウェアはADCからデータを収集し、時間と周波数の両方のドメインで解析した後、評価中のデバイスの関連パラメータを表示します。また、ソフトウェアが最新のデバイス・ドライバセットに常に対応するように、自動アップデート機能も提供します。PScopeをDC718、DC890データ収集ボードと一緒にご使用下さい。

View PScope Videos

QuikEval System

The QuickEval™ Systemは、リニアテクノロジーのA/D、D/A、LEDドライバ、Powered Ethernetコントローラと使用するために設計されたUSBベースの製品デモおよびデータ収集システムです。このシステムにはUSBベースのデータ収集コントローラ・ボードが搭載され、リニアテクノロジーの個々の製品に対応する各ドーターカードに接続されます。このソフトウェアには各デバイスのデータシートへのWebリンクが組み込まれているので、最新のデバイス・ドライバセットに常に対応するように、自動アップデートが可能です。QuickEvalをDC590コントローラボードと一緒にご利用下さい。

Temperature Monitoring

LTC2983 Software

The LTC2983 demo software is designed to help configure, program and run the LTC2983. It can configure the LTC2983, save the configuration, check for configuration errors, run the conversion results into a text file, and create Linduino-ready C code based on the configuration. The software can be used by itself, or used in conjunction with the DC2209 demo circuit.

LTC2984 Software

The LTC2984 demo software is designed to help configure, program and run the LTC2984. It can configure the LTC2984, save the configuration, check for configuration errors, run the conversion results into a text file, and create Linduino-ready C code based on the configuration. The software can be used by itself, or used in conjunction with the DC2399 demo circuit.

 

ダスト・ネットワークス社のスタータ・キット

SmartMesh IPスタータ・キット

SmartMesh IPスタータ・キットは、 高信頼性、柔軟な帯域幅、実装の容易性といったアプリケーションの要件と照らして、SmartMesh IP のネットワーク性能を評価するのに必要なすべてのツールを提供するとともに、デバイスの統合やアプリケーション開発に必要な部品を提供します。

スタータ・キット

DC9000B

SmartMesh IPスタータ・キットには以下が含まれます。

  • 1つの評価/開発マネージャ(DC9001B)
  • 5つの評価/開発モート(DC9003A-B)
  • 1枚のEternaインタフェース・カード(DC9006)
  • 追加のCR2032バッテリ
  • ケーブル

 DC9021A

 RF認定済のSmartMesh IPスタータ・キット(日本向け)には以下が含まれます。

  • 1つの評価/開発マネージャ(DC9020A)
  • 5つの評価/開発モート(DC9018A-B)
  • 1枚のEterna インタフェース・カード (DC9006)
  • 追加のCR2032バッテリ
  • ケーブル

追加のマネージャ、モートおよびインタフェース・カード

DC9001B

SmartMesh IP 評価/開発マネージャ、100モートの能力、チップ・アンテナ

DC9003A-B

SmartMesh IP 評価/開発モート、チップ・アンテナ

DC9006A

Eternaインタフェース・カード

DC9018A-B

RF認定済のSmartMesh IP評価/開発モート(日本向け)、チップ・アンテナ

DC9018B-B

RF認定済のSmartMesh IP評価/開発モート、MMCXアンテナ・コネクタ

DC9020A

RF認定済のSmartMesh IP 評価/開発マネージャ(日本向け)、100モートの能力、チップ・アンテナ

DC9020B

RF認定済のSmartMesh IP評価/開発マネージャ(日本向け)、100モートの能力、MMCX アンテナ・コネクタ 

互換性のある環境発電デモ・ボード 

DC2042 

環境発電マルチソース・ボード。SmartMesh 評価/開発モート・ボード (DC9003A-B/C、DC9018A-B/C、DC9018B-B/C)と接続。

2ページ小冊子

ユーザー・ドキュメント

SmartMesh 電力/性能概算用スプレッドシート

ソフトウェア・ユーティリティ

StarGazer

ネットワークの可視化およびモートとの対話用GUIアプリケーション

ダウンロード

シリアル・マルチプレクサ

複数のクライアントとマネージャの接続用ソフトウェア

ダウンロード

SmartMesh SDK(オプション)

デバイスのアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)との対話用ソフトウェア開発キット

ダウンロード

FTDIドライバ

DC9001およびDC9006ボードとの通信用USB - シリアル・ドライバ

FTDI.comからVCPをダウンロード

LBR (オプション)

低消費電力ボーダー・ルータ(Low power Border Router) のソフトウェア・ユーティリティとサンプルコード。SmartMesh IP ネットワークをIPv4 ネットワーク(Ethernetなど)にマッピングするためのPythonスクリプト

ダウンロード

ダスト・ネットワーク社の製品の詳細についてはここをクリックしてください。

SmartMesh IPスタータ・キットのビデオを見る

 

SmartMesh WirelessHARTスタータ・キット

SmartMesh WirelessHART スタータ・キットは、高信頼性、柔軟な帯域幅、実装の容易性といったアプリケーションの要件と照らして、SmartMesh WirelessHARTのネットワーク性能を評価するのに必要なすべてのツールを提供するとともに、デバイスの統合やアプリケーション開発に必要な部品を提供します。

スタータ・キット

DC9007

SmartMesh WirelessHARTスタータ・キットには以下が含まれます。

  • 1つのパッケージ・マネージャ(LTP5903CEN-WHRB)
  • 5つの評価/開発モート(DC9003A-C)
  • 1枚のEternaインタフェース・カード(DC9006A)
  • 追加のCR2032バッテリ
  • ケーブル

 

RF認定のSmartMesh WirelessHART スタータ・キット(日本向け)には以下が含まれます。

DC9022 

  • 1つのパッケージ・マネージャ(LTP5903CEN-WHRB)
  • 5つの評価/開発モート (DC9018A-C)
  • 1枚のEternaインタフェース・カード (DC9006A)
  • 追加のCR2032 バッテリ

ケーブル 

追加のマネージャ、モートおよびインタフェース・カード

LTP5903CEN-WHRB

SmartMesh WirelessHART パッケージ・マネージャ、250モートの能力

DC9003A-C

SmartMesh WirelessHART評価/開発モート

DC9006A

Eternaインタフェース・カード

DC9018A-C

RF認定のSmartMesh WirelessHART 評価/開発モート(日本向け)、チップ・アンテナ

互換性のある環境発電デモ・ボード

DC2042 

環境発電マルチソース・ボード。SmartMesh評価/開発モート・ボード (DC9003A-B/C、DC9018A-B/C、DC9018B-B/C)と接続。 

2ページ小冊子

ユーザー・ドキュメント

電力/性能概算用スプレッドシート

ソフトウェア・ユーティリティ

SmartMesh SDK

デバイスのアプリケーション・プログラミング・インタフェース(API)との対話用ソフトウェア開発キット

ダウンロード

FTDIドライバ

DC9006Aボードとの通信用USB - シリアル・ドライバ

FTDI.comからVCPをダウンロード

ダスト・ネットワーク社の製品の詳細についてはここをクリックしてください。

ダスト・ネットワークス社のプログラマ

DC9010 Eterna シリアル・プログラマ

DC9010 Eterna シリアル・プログラマのWebページは以下のアドレスに移動しました。

http://www.linear.com/solutions/4260

Dust Networks プログラマ

DC9010 Eternaシリアル・プログラマ

DC9010 Eternaシリアル・プログラマは、LTC5800のようなEternaモートオンチップへのインサーキット・アクセスを可能にします。Eternaシステムオンチップには、汎用マイクロコントローラ・デバイスのようにフラッシュ・メモリが内蔵されており、DC9010を使ってSmartMeshネットワーキング・ソフトウェアをボード上にロードできます。このインタフェースにより、Eternaベースの製品において最も高速でイメージ・プログラミングが可能になります。DC9010は、USBマイクロBインタフェースと2x5 2mmリボン・ケーブルを備えた内蔵型回路基板で構成され、Eternaシリアル・プログラマ(ESP)ソフトウェアと共に使用します。

DC9010 Eternaシリアル・プログラマ

 

ユーザ向けドキュメント

ソフトウェア・ユーティリティ

ESP Zipファイル

Eternaシリアル・プログラマのソフトウェア・ユーティリティ:.exeファイルとDLLを含むWin32実行可能Zipファイル

ESP Zipファイルをダウンロード(2013年5月更新)

FTDIドライバ

DC9006Aボードとの通信用USB-シリアル・ドライバ

FTDIchip.comからD2XXドライバをダウンロード

ボード固有構成アプリケーション

ボード固有のコンフィギュレーション・イメージの作成に必要なアプリケーション

'FuseTable.zip'をダウンロード(2013年5月更新)

製品のソフトウェア・バイナリ

ソフトウェア・バイナリ・イメージは、安全なFTPサーバを介して個別に提供されます。製品のハードウェアに付属の“Product Software Download Certificate”の説明をご覧ください。

ダスト・ネットワークス社の製品の詳細については、ここをクリック