RH1083M - 7.5A、低損失の正電圧可変レギュレータ

特長

絶対最大定格
消費電力…………………………….内部で制限 
入出力電位差……………………………30V
動作接合部温度範囲
 制御回路 ……………………….-55℃~150℃
 パワー・トランジスタ ……….-55℃~200℃
保存温度範囲 ………………… -65℃~150℃
リード温度(半田付け、10秒)……….300℃

標準的応用例

概要

RH1083M正電圧可変レギュレータは、今日市販されているデバイスよりも高い効率で7.5Aを供給するように設計されています。内部回路はすべて、最低1Vの入出力電位差まで動作するように設計されており、損失電圧は負荷電流を基に完全に規定されています。損失電圧は最大出力電流で最大1.5Vが保証され、負荷電流の減少とともに低下します。出力電圧はオンチップ・トリミングによって1%に調整しています。また、電流制限もトリミングされ、過負荷状態においてもレギュレータと電源回路の双方に対してストレスを最小にします。
 
RH1083Mは、従来の3端子レギュレータとピン互換です。今回の新デバイスでは10μFの出力コンデンサが必要となりますが、これは通常ほとんどのレギュレータの設計に含まれています。
 
出力電流の最大10%が消費電流として失われるPNPレギュレータと異なり、RH1083Mは消費電流が負荷に流入し、効率を向上させます。
 
RH1083Mのウェハーロットは要求の厳しい軍需アプリケーションで使用可能な回路を生成するために、LTC社内のSクラス・フロー処理されています。
 
RH1083MのTO-3パッケージは、MIL-STD-883 Method 2009で規定されたガラスの亀裂に関する外観検査基準を満たすことができないので、ガラスの亀裂の有無に対して100%外観検査を実施しません。代わりに、出荷直前にファイン/グロス・リーク・テストを全数実施します。

パッケージ

パッケージの最新情報ならびに図面については、パッケージング情報を参照してください。

発注情報

評価キット

リニアテクノロジーのデモボードは、認定のお客様に無料で提供されます。デモボードをご希望の場合は、最寄りのセールスオフィスまたは代理店 にお問い合わせください。一部のデモボードは、このWebページ上でクレジットでもご購入いただけます。デモボードは評価目的でのみご使用ください。実際の最終アプリケーションにおける動作検証と信頼性の確認は、お客様の責任において行っていただきますようお願いいたし ます。

ここをクリック 全デモボードリストがご覧いただけます。

アプリケーション

Product Notifications

MyLinearアカウントにログインして、お気に入りの製品に関するデータシートの更新、新しいドキュメントのリリース、LTspiceモデルの発表などのお知らせをご確認ください。MyLinearアカウントをお持ちでない場合は、「今すぐ登録」 することができます。

パスワードをお忘れですか? こちらを クリック.
ヘルプが必要ですか? 質問事項を英語で mylinear@linear.com

デザインツール

リニアテクノロジーは、独自設計による各種のシミュレーション・ツールやデバイス・モデルを提供しており、設計の初心者でも、高性能なスイッチング・レギュレータ、アンプ、データ・コンバータ、フィルタなどを使用した回路の評価を短時間で容易に行うことができます。詳細およびダウンロードについては、 Design Toolsページにアクセスしてください。:

技術サポート