SmartMesh IP

6LoWPAN Logo
 802.15.4E Logo

SmartMesh IP製品は、ワイヤレス・デバイスであり、そのままで設置・動作可能なワイヤレス・メッシュ・ネットワーク・ソフトウェアを備えた認証済みPCBモジュールです。これらのデバイスはIP互換性のために構築されており、6LoWPAN規格および802.15.4e規格に基づいています。SmartMesh IP製品ラインは、過酷で動的に変化するRF環境でも、低消費電力と99.999%以上のデータ信頼性を実現します。SmartMeshのメリットとアプリケーションの詳細については、こちらを参照ください。

SmartMesh IP の機能

SmartMesh IP Functional Overview

SmartMesh IPネットワークは、データを収集して中継する拡張性の高い自己形成型マルチホップ・メッシュ・ワイヤレス・ノード(モートと呼ばれるもの)と、ネットワークの性能およびセキュリティをモニタして管理し、ホスト・アプリケーションとデータを交換するネットワーク・マネージャで構成されます。

標準の「メッシュモード」(下で説明される)に加えて、SmartMesh IPは、ブリンク・モードと呼ばれる超低消費電力のローミング・ノード機能もサポートします。

 

SmartMesh IPモート

SmartMesh IP Mote Integration

SmartMesh IPモートは、SmartMesh IPネットワーク内のワイヤレス・ノードです。これらはセンサ/アクチュエータに接続され、他のモートからのデータをルーティングしますが、その場合にも低消費電力を維持します。
各モートは、メッセージの送信と受信の両方を行うことができます(双方向データをサポート)。各モートは異なるデータ転送レートを備えることができ、ネットワーク・マネージャが個々のペアの通信を自動的に調整して効率的にトラフィックをルーティングします。
各モートは異なる電源能力(例えば、ライン電源、バッテリ電源、または環境発電)を備えることができます。それに応じてネットワーク・マネージャは、ネットワークの最初のバッテリ交換までの時間をできるだけ延ばすために、トラフィックの負荷バランスを調整します。

SmartMesh IPネットワーク・ソフトウェアは、コンパイルされて完全にテストされています。モートは、SmartMesh IP内蔵ソフトウェア開発キットを使用して顧客のアプリケーション・ソフトウェアをサポートするARM Cortex-M3プロセッサを内蔵しています。あるいは、外部マイクロプロセッサによって、シリアルAPIインタフェースを介してモートを制御することもできます。

 

技術資料 ▼

SmartMesh IP ネットワーク・マネージャ

SmartMesh IP Network Managers

SmartMesh IPネットワーク・マネージャは、メッシュ・ネットワーク用に重要な2つの機能を実行します。第一に、このネットワーク・マネージャはアクセス・ポイント・モートとして機能し、ワイヤレス・メッシュを顧客のホスト・アプリケーションに接続します。第二に、このネットワーク・マネージャは高度なネットワーク管理アルゴリズムを実行して、ネットワークの性能を維持します。
SmartMesh IPネットワーク・マネージャには、EManager(最大100モートをサポート)およびVManager(数1000モートをサポート)という2つのバージョンがあります。

 

 

SmartMesh IP EManager

SmartMesh IP EManager

EManager(組み込みマネージャ)は、Manager-on-Chip™として稼働し、アクセス・ポイント機能およびネットワーク管理アルゴリズムの両方を、内蔵されたIP 802.15.4ハードウェア(例えばLTC5800-IPM)の上で実行します。
EManagerは、最大100モートまでのネットワークをサポートし、低消費電力のゲートウェイを作る上で最適です。

技術資料 ▼

 

SmartMesh IP VManager

VManagerはソフトウェアベースのマネージャと、それから独立したアクセス・ポイント・モートから構成され、次の機能を実現します。

  • 大規模ネットワーク - 数1000ノード
  • 複数のアクセス・ポイントによる広い帯域幅
  • ホットスタンバイやフェイルオーバによるゲートウェイの冗長化

SmartMesh IP VManager

Managerソフトウェアは、x86仮想マシン(VM)上で稼働し、クラウド・サーバから低消費電力のx86ベースの組み込みプロセッサまでさまざまなハードウェア・プラットフォームにインストールすることができます。VManagerソフトウェアは、事前にコンパイルされたテスト済みVMアプリケーションとしてリニアテクノロジーから提供され、VMWareまたはOracle VirtualBox VM上で実行できます。
1つ以上のアクセス・ポイント・モート(APモート)が、SmartMesh IPネットワークをVManagerソフトウェアに接続します。APモートは、SmartMesh IP 802.15.4ハードウェア(例えばLTC5800-IPM)上で実行されるAPモート・ソフトウェアの組み合わせです。

Vmanager紹介のショートムービーはこちら

技術資料 ▼

ハードウェアのフォーム・ファクタ

SmartMesh IP 802.15.4ハードウェアは、チップ・パッケージで、またはRF認証取得済みのプリント回路基板アセンブリ(PCBA)として提供されます。802.15.4ハードウェアのネットワーク動作は、ハードウェアに読み込まれるSmartMesh IPソフトウェアのタイプ(つまり、モート・ソフトウェア、ネットワーク・マネージャ・ソフトウェア、またはアクセス・ポイント・モート・ソフトウェア)によって定義されます。

LTC5800-IPM

QFN Chip Package

(10mm by 10mm)

LTC5800-IPM

LTC®5800-IPMは、SmartMesh IPシステムオンチップ(SoC)集積回路で、集積度の高い低消費電力無線設計とともに、Dust社の組み込みSmartMesh IPネットワーク・ソフトウェアが動作するARM Cortex-M3 32ビット・マイクロプロセッサを特長としています。

LTP5901-IPM

PCBA with on-board antenna

(24mm by 42mm)

LTP5901-IPM

LTP™5901-IPMは、Dust社の組み込みSmartMesh IPネットワーク・ソフトウェアが動作するLTC5800-IPM SoCを内蔵しているSmartMesh IP PCBA製品です。LTP5901-IPMモジュールは、オンボード・チップ・アンテナ、水晶発振器を備えており、RFモジュール認証取得済みです。

LTP5902-IPM

PCBA with antenna connector

(24mm by 37.5mm)

LTP5902-IPM

LTP5902-IPMは、Dust社の組み込みSmartMesh IPネットワーク・ソフトウェアが動作するLTC5800-IPM SoCを内蔵しているSmartMesh IP PCBA製品です。LTP5902-IPMモジュールは、MMCXアンテナ・コネクタ、水晶発振器を備えており、RFモジュール認証取得済みです。

スタータ・キット 

DC9000B Starter Kit

SmartMesh IPスタータ・キット(DC9021B)は、高信頼線、超低消費電力、スケーラビリティ、インストールの容易さなどのアプリケーションの要件に関してSmartMesh®ネットワークの性能を評価するための全てのツールを提供します。スタータ・キットには、5ノードおよびネットワーク・マネージャが付属しており、SmartMesh IPネットワーク・ソフトウェアがあらかじめ読み込まれています。そのためユーザーは、アプリケーション環境におけるネットワークを素早く構築することできます。

 

 

 

 

技術サポート

  • 技術的なお問い合わせは技術的質問フォームからお願いします。回答は内容、状況に応じて当社または当社代理店からになります。

  • お急ぎの場合は当社代理店 もしくはこちらにご連絡ください。1-800-4-LINEAR (US customers only) 、 408-432-1900。